トップ > ライフアシスト > いきいきOB訪問2

ライフアシスト

いきいきOB訪問2

剣道について

花房さんの竹刀と防具

剣道の起源と歴史

剣道の起源の源は刀(日本刀)の出現にある。特に平安期に日本独特の鎬(しのぎ)造りの刀*1が製作されたことから、その特徴を活かした刀法*2が工夫されていく。室町期の後半から剣術の各流派が相次いで成立、刀を造る技術の高度化・専門化と相俟って刀法が確立されて継承された。
江戸幕府の開府、平和な時代の訪れとともに、剣術は人を殺す技術から、武士としての人間形成を目指す「活人剣(かつにんけん)」へと昇華され、生き方に関する心法・武士道へと広がった。

江戸中期、直心(じきしん)影流(かげりゅう)の長沼四郎左衛門国郷により剣道防具が開発され、竹刀による打突稽古が確立する。これが、今日の剣道の直接的な源となる。

明治維新となり武士階級の廃止、廃刀により剣術は下火となるが、明治10年に勃発した西南の役を契機に剣術が再評価され、警視庁を中心に復活。各流派の形を統合した警視流が生まれ現代剣道への橋渡しなった。
明治28年には「大日本武徳会」が結成され、各府県に支部が設立されて全国組織となり、段位・称号・試合規則など統一した規則が制定されて礎が築かれた。

剣道という言葉は、江戸期、明治期にも使われた例はあるようだが、大正元年に制定された「大日本帝国剣道形」(各流派を統合、竹刀は刀の替りであるという考えに基づく)により剣道という名称に統一される。

昭和20年、第二次世界大戦に敗戦し「大日本武徳会」は解散させられ、剣道に不遇の時が訪れる。剣道という言葉は使用禁止とされ、一時は武道的精神を離れた「撓(しない)競技」というスポーツ化された競技が行われた。(昭和29年に全日本剣道連盟に統一される)
そして、占領が終った昭和27年「全日本剣道連盟」が全国組織として発足し、現在に至る。昭和28年からは、剣道人の最高の大会となる「全日本剣道選手権大会」が開催されている。
また、昭和45年には剣道の国際組織である「国際剣道連盟」が結成されて、3年に一度「世界剣道選手権大会」が開催されている。

―剣道の段位・称号―

剣道の段位や称号の審査・取得年限等についてこれまでに何度か改定されている。現在の段位では、八段が最高位である。また、称号は範士が最高の称号。
称号と段位の性格について、段位は「剣道の技術的力量(精神的要素を含む)」。称号は「これに加える指導力や、見識などを備えた剣道人としての完成度」を示すものとして、審査を経て授与される。とある。
なお、「称号、段位を通じ、範士を最高位とする。」と規定されている。

称号は、錬士・教士・範士があり、段位は初段〜八段までとなっている。
初段から二段への受審資格は初段取得後1年以上、二段から三段へは2年、以降3年・4年・5年となり、六段から七段を受審するには6年以上の修業をした者となっている。最高位の八段を受審するには、七段取得後10年以上修業し、年齢46歳以上の者となっている。
何れの段位審査も、実技審査・日本剣道形審査・筆記試験があり、全てに合格をしなければ授与されない。
八段が如何に至高の段位であるかは、修業の年数だけでなく、その合格率からも伺える。六段・七段の合格率は概ね15%前後だが、八段の合格率は1%前後と極端に厳しい審査結果となっている。
なお、剣道段位取得の審査は、初段〜五段までは全日本剣道連盟の各支部(都道府県単位)で行うが、六段〜八段の審査は全日本剣道連盟が実施し、概ね、春・秋の二回実施されている。

出典・参照:(財)全日本剣道連盟資料による

  • *1 「鎬(しのぎ)造りの刀」:鎬とは、刀身を断面にした場合い菱形となる一番厚い部分。これにより丈夫で切り易くなった。
  • *2 「鎬を活かした刀法」:それまでの「打つ・突く」から「斬る」に変わった。
稽古風景1 稽古風景2 稽古風景3
恵比寿剣道同好会の稽古風景

―NTTグループの剣道―

NTTグループにおける剣道人口は、千数百名と推定されます。
毎年、「NTTグループ全国剣道大会」が秋に開催されており、昭和43年の第1回大会以来、平成23年には第44回を迎えています。
この大会には、全国各地に勤務しながら剣道修業に励む剣士が、グループ各社や地域で選抜されて出場し、レベルの高い試合が展開されます。

NTTにおける剣道は、戦前・戦中に剣道を学んだ先人達が、仕事後に局舎の庭先や空き部屋で稽古を始めた昭和三十年代頃と聞きました。昭和43年に本社や首都圏にいる同好の志が中心となり、全国の剣道愛好者に呼びかけて第一回の全国大会が東京で開催されました。これを契機に電電公社全国剣道連盟が発足。以後、旧通信局が持ち回りで大会を開催してきましたが、現在はグループ会社単位で連盟・支部が作られ大会の主管も持ち回りで担うようになっています。
各地域における社内大会の開催、地域・地区大会への参加や、民営化以前は官公庁剣道大会が活躍の場でありました。民営化以降は、実業団剣道連盟に加盟し、地区の実業団剣道大会、全日本実業団剣道大会で優勝・入賞を重ねる一方、剣道人の至高の大会「全日本剣道選手権大会」には、警視庁の猛者が群雄する東京都予選を勝ち抜いた選手も現れて、東京都代表として出場を果たしています。

また、国体や都道府県対抗の大会に選手として選抜されるなど、男・女ともに実業団剣道のみならず剣道界においてNTT剣道の名前は浸透しています。

こうしてNTT剣道が隆盛を誇るようになった背景には、戦後の復興期より業務の傍ら剣道を続けてこられた先生方・先輩諸氏の継続した力によります。とりわけ、首都圏において指導育成に努めてきた故・高田幸男先生、現在も現役で稽古を続けておられる前島七郎先生のご指導・ご尽力に負うところが大です。
高田先生は、この度八段に昇段した花房満明さんの伯父にあたり「少年の頃より指導を受けてきた、八段を授与されたのも伯父の教えを守ってきた賜物」と、語っています。

花房さんの八段昇段が、後輩への道標となり、稽古の励みとなり、後に続くものが輩出することを期待したいと思います。

このページのトップへ