トップ > ライフアシスト > 特集

ライフアシスト

第15号
特集 知って得する!保険ゼミナール

特集

キャッチ

外貨建て保険で資産形成

 長寿社会の現代、退職後の生活期間は30年ぐらいあります。
一昔前であれば、退職後の生活資金は公的年金と退職金で十分まかな えたのですが、超低金利の現在は、普通預金や定期預金に預けておく だけでは資産は増えません。今後も年金受給額は減少傾向にあり、自 身で資産を守り、積極的に運用していく必要があります。
 国の動きとしても、自分で老後の資金を運用して増やすことを奨励 しています。資産を増やす方法として、今回は「外貨建て保険」を活用 した資産形成を考えてみましょう。

本文

冊子本文はPDFにてご提供しております。

外貨建て保険で資産形成(PDFファイル 554KB)

第15号
特集 知って得する!保険ゼミナール

(LA No.397)

このページのトップへ