トップ > ライフアシスト > いきいきセカンドライフ2

ライフアシスト

第2号
いまを生きる
いきいきセカンドライフ1
いきいきセカンドライフ2
OB始めたおいしい店
季節の食材で健康管理

バックナンバー一覧

OB対談 | いきいきセカンドライフ2

花と生きる自然と暮らす

〜蘭の栽培とサツキ盆栽〜
中嶋要さん&樋川盛雄さん

今回訪れた中嶋さんのご自宅庭には、中国春蘭を育てるための小屋が2棟建っています。対談を終えたお二人は、さっそく蘭小屋へ。そこには、ずらりと中国春蘭の鉢が並んでいます。その数、なんと1,500鉢ほど。残念ながら花の季節は終わっていたため、素人には、どの鉢も同じに見えてしまいますが、樋川さんもかつては日本春蘭やエビネを育てていただけに、興味津々。再び、花談義が再開しました。

本文

冊子本文はPDFにてご提供しております。
本ページをご覧いただく前に是非ご一読ください。

花を愛で育てる本文(PDFファイル 1MB)

サイドストーリー

らん談義が弾む中嶋さん(左)と樋川さん(右)

樋川 本格的な温室ですね。これから夏をむかえますが、管理はどうするんですか。

中嶋 中国春蘭は夏の暑さに弱いんです。だから換気が欠かせません。大型のファンを回します。

樋川 日本春蘭だと、よく花芽にアルミでキャップをするけど、あれはどうしてなんですか?

中嶋 赤い花を赤くするためなんです。遮光しないと色がでない。中国春蘭はその必要はありません。赤は赤、白は白の花が咲きます。

樋川 日本春蘭だと同じ株でも色が違ってきますよね。

中嶋 そう。同じ株でも、白にも緑にもなる。中国春蘭ではそんなことはありません。本来、中国春蘭より日本春蘭のほうが育てやすいということになっています。日本で生まれた蘭なので当たり前なんですけど。中国春蘭は、今言ったように特に夏が難しいんです。でも、花付きは中国春蘭のほうがいいんです。春蘭は一茎一花(いっけいいっか)ですが、5本くらい花茎が立ち上がると花が付きます。日本春蘭は10本育てないとだめですね。

樋川 花持ちもいいですよね。

中嶋 杭州寒蘭だと12月の初めから1月いっぱい咲いていますね。その他、1月から3月にかけて、蓮弁蘭(れんべんらん)、朶々香(だだこう)、豆弁蘭(ずべんらん)などたくさん種類があって、どれもだいたい1ヶ月ぐらい咲いています。色もさまざまですね。ないのは空色ぐらいです。

樋川 黄色もありますよね。さつきは黄色の花がないんですよね。

中嶋 中国春蘭でも黄色は、かつて「幻の花」なんて言われていた。今は当たり前にありますけどね。

樋川 これは、なんですか?

中嶋 これは名前がない。これひとつしかないんです。自然界でできた突然変異ですね。来年、花が咲いたら、世界らん展に出そうと思っています。

中嶋さんが咲かせた中国春蘭

樋川 糸蘭とも違うんですね。

中嶋 糸蘭は台湾系です。台湾系は一時期つくりすぎて値崩れが起きましたよね。

樋川 昔は、糸蘭白花といって人気がありましたけどね。

中嶋 こちらも台湾系の報歳蘭です。初心者でも育てやすいと思います。この報歳蘭が石油ショックの頃、何と2,500万円もしました。都内に家が2軒買えた。今は2,000円くらいです(笑)。

樋川 結局、値段が高いというのは希少性なんですよね。それは、愛好家にしかわからない。

中嶋 そうです。一般の人にとっては、あまり意味がない。きれいに咲いているものなら満足ですからね。

樋川 夏の水やりはどうですか?

中嶋 夏は2週間ぐらい水をやりません。7月の25日あたりから、8月の10日まで、株を見ながらね。そうすると、蘭そのものが子孫を残そうとして花を咲かそうとするんですよ。8月下旬には花芽ができます。冬は月に2回ぐらいですし、中国春蘭はあまり水はやらないんです。

樋川 来年が、楽しみですね。

中嶋 花が咲いた頃、また遊びにきてください。

樋川 香りも楽しめますしね。

樋川さんは、さつき盆栽の他、刀剣、カメラなど多彩な趣味をお持ちです。中嶋さんは、中国春蘭づくりの他、畑で野菜づくり、ゴルフ、地元観光スポットの「太東崎(たいとうざき)燈台クラブ(NPO法人)」の活動など、日々忙しく活動していらっしゃいます。また、畑のすみでヤマアジサイを育てていて、いつか地元のお寺に植えてヤマアジサイの寺をつくりたいとおっしゃいます。

樋川さんの刀剣

樋川さんのカメラ

このコンテンツ(映像)をご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerは、以下よりダウンロードできます。
※ダウンロードは無償です。

中嶋さん 中国春蘭を語る

第2号
いまを生きる
いきいきセカンドライフ1
いきいきセカンドライフ2
OB始めたおいしい店
季節の食材で健康管理

バックナンバー一覧

このページのトップへ