トップ > ライフアシスト > いまを生きる

ライフアシスト

巻頭インタビュー いまを生きる

人生は「さすけね」

登山家 田部井淳子さん

人生の大半を「さすけね」で生きてきた。「さすけね」福島弁で「さしつかえない」の意で、例えば人が何かを失敗をしでかした時「大丈夫、大丈夫」とか「気にしない、気にしない」というニュアンスで使われる。失敗した本人はそれを聞いて、標準語で「大丈夫だよ」言われるよりホッとし、周りの空気がなごむ。

田部井淳子さん(72歳)。
1975年、女性として世界ではじめてエベレスト登頂を果たし、1992年には世界七大陸の最高峰登頂を成し遂げる。各国の最高峰への登頂の数は約60。その数は今も増え続けている。

本文

冊子本文はPDFにてご提供しております。本ページをご覧いただく前に是非ご一読ください。

田部井淳子(PDFファイル 1.2MB)

サイドストーリー

 子供の頃から山が好きだった。
 「山に登ると頂上から、いろいろな山が見えますね。あそこも行ってない、こっちも 登ったことがない」登っても登ってもつきない山々。山は山のようにある。
 年間で海外の山に100日、国内は40日〜50日。
 それがここ数年のペース。去年の震災で東北応援活動に費やす時間も増えた。
 「新しい風景に出会うこと。奨めますよ」

 山に値段がついている、という。
 登山料。山の標高によって値段が異なる。
 まさに“一山いくら”である。

 装備、食糧、山のある国に行く航空運賃。
 現地でシェルパ(山案内人)、ポーター(荷物を運ぶ人)等への支払い。
 登る山によっては膨大な費用がかかる。

 そこでスポンサー探しになるのだが、
 「エベレスト以外はすべて自費で行きましたね」

2009年9月インドのジャガツスク5,332mにて
2009年9月インドのジャガツスク5,332mにて

 「山が汚れてきた。登山者の手できれいにしなければいけない」
 約20年前、登山家のエドモンド・ヒラリー卿がヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT)を立ちあげ、その日本代表に田部井さんが指名された。
1970年代は1シーズン1チームしか入れなかったエベレストが1980年半ばから何チームでも入ってよいとなり、たくさんの人がベースキャンプですごすようになり、ゴミも増えていったという。
 田部井さんは日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT-J)代表として、ゴミ持ち帰り(テイクイン・テイクアウト)の啓発活動、青少年環境体験登山をはじめ、ネパールのエベレストの玄関口となるルクラに焼却炉を置き、周辺にリンゴの植樹を行なっている。昨年の震災後は、HAT-Jの中に東北応援プロジェクトを立ち上げ、東北の山へ行こうという呼びかけと被災者とのハイキングを毎月実施している。

テレビのロケで北アルプスを23日間縦走 2009年夏
テレビのロケで北アルプスを23日間縦走 2009年夏

 非常に多作な人。
 最近(2011年発売)の著書「人生は8合目からがおもしろい」までに十数冊を著している。それ以外に“田部井さん”を書いたルポルタージュもあれば、対談を収めたもの、更に登山報告書もある。
 14、5冊を読んだだろうか。
 知らず惹き込まれて読んでしまった、というのが本音である。
 さすがにそれだけ出していれば、幾つかのエピソードが重複しているところがある。
ところが同じエピソードでも内容が微妙に違う。
 ある本を読み、あるエピソードについて理解したつもりでいると、別な本では新しい事柄やニュアンスが加わり、厚みを増していくということを今回の読書の中で感じた。
ご本人にお聞きすると、
 「意識したことないですね。その時々思ったことを書いているだけなんですけど」

自宅書斎の使い慣れたデスク
自宅書斎の使い慣れたデスク

愛用の眼鏡たち
愛用の眼鏡たち

 田部井さんといえば、山にばかり行っているような印象を受けるが「エプロンはずして夢の山」「エベレストママさん」と本のタイトルにあるように“家庭”をとても大切にしてきた。
 「家事ときどき山、ですね」

 読んでいるうちに気付いたのは、田部井さんは隠すことを嫌う。
自分のイメージダウンにつながることであっても幾つもの著書の中で再三にわたって、そのことを書いていく。
 本文でもふれたが、長男が高校時代に荒れ、自宅謹慎と停学を繰り返すなどしていた頃でも、テレビ番組に息子と一緒に出演し、行儀の悪い様をそのまま撮ってもらっている。
 「ああいう息子さんがいることを、よく隠さなかったですね」などと言われている。

“隠さない”ということでは、その最たるものが「アンナプルナ・女の戦い7577m」(女子登攀クラブ著)登山隊が残す多くの報告書は登山行で起こった揉め事、いさかいについてはそぎ落とし、体裁のよい報告書に仕上げているのが現状。
 この「アンナプルナ」は本の形をとった報告書とでもいうべきもので、副題に「女の戦い」とあるように、まさに登山、登頂を巡って繰り広げられる“女の戦い”そのものが克明に記されている。
 編集方針として、そうした登頂まで続いた揉め事の一切を隠すのはよそう。すべてを曝け出そう。
 そう決めたという。

 そうした潔さが、周囲に人を集め、信頼を得ている人柄につながっているようだ。

自宅の庭で
自宅の庭で

 小さなことなのだが、田部井さんが日常、どう人と接しているかがよく解ったエピソード。
 インタビューを進める中、エベレスト登頂についてお伺いしていた時、
「エベレストは最終が第5キャンプでしたね?」
言った瞬間、間違いに気付いたが、遅かった。
「そうですね」
 間をおかず田部井さんがそう答えていたからだ。
 “第5”でなく“第6”が正しいのに。
 田部井さんにとっては忘れようもない“第6キャンプ”
 その後もキャンプを上にあげていく話が続き、
 田部井さんは話す中でさりげなく、私の間違いを正す。
 「・・・しながら、キャンプを第4、第5、第6と上げていきますよね」
 その“第6”のところだけ異常に素早く、ゴニョゴニョという感じで通り過ぎた。
 人に対しては、非常に細やかな気配りをする人だった。

(LA No.106)

このページのトップへ